脚やせ・美脚エステマッサージ

2019-01-31

脚やせ、美脚を求める女性のための美脚エステマッサージを無料で体験いただける女性専用エステです。むくみを解消し、セルライトの目立たないスッキリとした脚線美をつくるリンパマッサージが美脚マッサージです。銀座、渋谷、新宿、銀座をはじめとする東京都内や横浜などで体験いただけます。千葉、大宮、神戸、京都、名古屋など全国でも無料でご利用できます。お泊まりのホテルやご自宅でも施術を受け付けています。24時間営業、深夜早朝も予約いただけます。

美脚マッサージ無料体験エステの予約・問合
045(328)3168
ICK44663@nifty.com

ページ目次

美脚とは・・ 水着姿でも自信の美しい足!

美脚作りには美脚マッサージ。画像は美しい足。
美脚作りに美脚マッサージ

美脚とは細い足のことと思われる女性は多いのですが、細い足イコール美脚ではありません。 女性ひとりひとりには、ひとりひとりの美しさがあります。自分自身の美しさを表現できる足こそが美脚であって、美脚とは貴女の個性そのものです。

美脚は誰でも手に入れることができるのです。なりたい自分に必ずなれる、という自信をもつことが美脚への第一歩です。水着姿に自信を持てる美脚をまざしましょう。

女性の持つ足の美しさを表現するために必要なのは、鍛えられた筋肉と適度な脂肪、むくみのとれたすっきりした脚線(足のライン)です。それらを維持するには運動、栄養、健康が大事な働きを担います。運動については美脚エクササイズなどの他のサイトをご覧いただくとして、ここでは栄養と健康に関わることについてご説明いたします。

脚線美のための適度な脂肪を保つためには十分な栄養が不可欠です。また、むくみを防止するにはリンパ系が健全に維持されていなければなりません。美脚マッサージの役割は、足に必要な栄養をスムーズに供給できる状態を保つことと「むくみ」防止のためにリンパに流れを改善することにあります。

美脚マッサージの方法

美脚マッサージで個性ある美しい足を目指しましょう

美脚マッサージの第一の目的はリンパの流れを改善することにあります。リンパの流れをスムーズにすることで、健康な脂肪が足に備わり、また、むくみのないすっきりした脚線を維持することができます。リンパマッサージの手技を用います。

美脚マッサージでは足の指先から足の付け根にそって、丁寧にリンパを流すようにマッサージを行います。その際に、膝裏にある膝窩(そけい)リンパ節と足の付け根にある鼠径(そけい)リンパ節のそれぞれにリンパ液を流し込むことを意識しましょう。

マッサージのタッチは強くする必要はありません。筋肉の深部に働かけるマッサージでは、強いタッチが必要な場合がありますが、リンパ液を流すには優しいタッチが効果的です。リンパ液の流れるリンパ管は皮下組織の下に編み目状に体全体に張り巡らされているので、編み目のようなリンパ管を覆うように手のひら全体を皮膚に密着させてマッサージを行います。

ここから先は、足の部位毎にマッサージの方法をご説明します。足は足先から順番に、足指、足裏、足の甲、足首、ふくらはぎ、膝(ヒザ)、脛、太もも、に分けることができます。セラピストが行う場合のマッサージを前提としてご説明いたしますが、ほとんどは同じやり方でセルフマッサージも可能です。

足指、足裏、足の甲、足首

足指、足裏、足の甲、足首 は、冷え性の女性の場合、夏場でもとても冷たくなっていることが多いので、暖かくなってくるのを感じられるまで、じっくりとマッサージを行います。

足指を丁寧に揉む

美脚マッサージでは、足指や手指といった体の先端は特に丁寧にマッサージします。指のマッサージを丁寧におこなうことで、体の隅々まで丁寧にケアしてくれたとクライアントに実感していただけます。

足指を丁寧に揉む際には、足指の先端、真ん中、根元を順番に親指と人差し指で挟むように行います。足指のマッサージをとても心地よく感じる女性も多くいます。心地よく感じるかどうかは個人差が大きいので、クライアントの反応を見ながら、心地よく感じているようなら少し長い目に行ってください。反応が薄いようなら、足指一本一本を揉み、指が温かくなったと思った段階で、次の部位に移りましょう。

足裏マッサージは「土踏まず」がポイント

足裏マッサージには様々な方法があり、リフレクソロジーはとくによく知られています。足全体をマッサージする場合は、反射区などを丁寧に刺激するリフレですと、少し時間をとられすぎるため、ここではリンパを流す効果のあるマッサージの方法をご説明します。

足裏にある土踏まずとかかとの境目に親指を置き、そこから足の親指の付け根にかけて親指を滑らせていきます。クライアントが気持ち良く感じる程度に強く押していただいて大丈夫です。クライアントが痛みを我慢しなくてはいけないような強さにはしないように気をつけてください。

足の親指の付け根まで手の親指が到達したら、もとの位置にもどし、繰り返します。10回~20回程度、呼吸にリズムは合わせます。

足の甲は中足骨に沿って優しくマッサージ

足先には動脈と静脈があり、動脈から運ばれた血液は静脈が吸収していきます。このバランスが崩れると、足先のむくみが生じます。足の甲には、足指の根元の近くに静脈が流れています。そのあたりを中心に優しくなでるようにマッサージします。また、同じように優しく中足骨にそって優しくマッサージします。

中足骨(ちゅうそくこつ)とは、足の指から踝の近くまで伸びている骨のことです。5本の足指に5本の中足骨がそれぞれ繋がっています。

気持ち良く感じる程度に優しく足首を回す

踝の周りをマッサージした後、気持ち良く感じる程度に優しく足首を回します。回す方法は、手の指一本一本を足指の間に入れて足裏のほうから足を掴みます。足首を中心として、足全体をゆっくりと回転させます。右回転、左回転それぞれ10回程度。強く早く足首を回すと、筋肉などを痛めることもあるので、気持ちよく感じる程度のやさしい力加減で行います。

ふくらはぎ、膝(ヒザ)、脛

膝裏にはリンパ節があるので、なで擦るなどして優しく刺激します。ふくらはぎは両手の手のひらを使い、圧をしっかり加えながら、足首から膝裏までマッサージします。手の平をふくらはぎにしっかり密着させることが大事です。膝も同じ要領でマッサージします。

太ももは内側をしっかりマッサージ

太ももは、内側を手のひら全体で圧をくわえながらマッサージします。膝横から足の付け根まで、リンパを流すつもりで、ゆっくりと手のひらを滑らせていきます。最後に、そけい部にあるリンパ節を優しく刺激して、足のマッサージを終えます。

そけい部のマッサージをくすぐったいと感じる女性もいます。その際には、指ではなく、手根部を使うなどすると、くすぐったい感じが和らぐことがあります。

美脚作りに効果のあるアロマオイル

美脚マッサージをアロマオイルを用いてアロマオイルマッサージとして行うと、より一層の美脚効果が期待できます。

美脚作りに効果のあるアロマオイルはダイエットに効果のあるものとほぼ同じです。リンパの流れを改善し、脂肪を落とす効果のあるアロマオイルとして、グレープフルーツ精油やサイプレス精油、ジュニパーベリー精油などがおすすめです。

美肌効果もあるアロマオイルを加えると、一層の美脚になりますね。美肌効果といえばローズマリー精油がおすすめです。他にも美肌効果のあるアロマオイルとしては、クラリセージ精油、イランイラン精油、ネロリ精油、ゼラニウム精油、オーズオットー精油などたくさんあります。フローラル系のアロマオイルのなかには美肌効果のあるものが多くあります。

ベースオイルはスイートアーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイル、アプリコットカーネルオイルなどが人気です。ファイシャルマッサージなどよりも多くのオイルあ必要になるので、スクワランオイルなど高価なオイルよりも比較的にお安いオイルが人気です。

マッサージオイルの作り方は、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルを50mL、それに対して好きなアロマオイルを全部で10滴というのがおすすめです。ベースオイルとしてマカダミアンナッツオイルを勧めるロミロミのセラピストやアロマセラピストも多いです。価格の安さで選ぶならスイートアーモンドがおすすめです。ベースオイルは高いから良いとか、安いから良くないということはなく、あくまで触感などのお好みで選ばれると良いでしょう。

アロマオイルを加えた美脚マッサージは、美脚効果だけでなく香りのリラクゼーション効果もあります。疲れた足を癒やしながら、心の疲れも癒やされることでしょう。