女性用風俗の無料体験エステ

2019-01-29

女性用風俗にご興味がある女性のための安全で安心の無料体験エステです。男性アロマセラピストによるアロマオイルを用いた香りに包まれた女性向け性感マッサージです。女性用風俗といっても、手技のベースはアロマテラピートリートメントですので、普通のエステサロンをご利用なさるのと同じ感覚でお気軽にご利用いただけます。

女性用風俗に興味をある女性のために女性向け性感マッサージを無料体験をお勧めしています。深夜早朝でも受け付けています。24時間営業です。横浜、渋谷・銀座・新宿・池袋など東京都内をはじめサロンあるいは出張マッサージでの施術を完全無料で体験いただけます。

女性用風俗の無料体験エステの予約・問合
045(328)3168
ICK44663@nifty.com

ページ目次

女性用風俗とは女性にサービスを提供する風俗

女性用風俗とは女性に性的サービスを提供する風俗。赤い下着姿の女性の画像。

女性用風俗のご利用が初めての女性のために女性用風俗そのものについて少しご説明させていただきます。また、私たちアロマテラピーサロンがどのようなスタンスで女性用風俗に取り組んでいるかもあわせてご理解いただければ、よりご安心して私たちの施術を体験いただけるかと思います。

女性用風俗とは、そのことばのとおり女性のために風俗サービスを提供するものです。風俗サービスの意味はたいへん広く、法律では異性による接客を伴ったりお酒を提供する営業店はほとんど全て風俗ということになってしまうようです。

風俗を定める法律よれば、「待合・料理店・キャバレー・ダンス ホール・パチンコ店・マージャン店など、客に飲食・遊興や射幸的な遊技をさせる営業の総称」。待合っていったいなんだろう、現代のことばかしら、って不思議になりますね。料理店とありますが、これってレストラン?いやどうも違うみたい、ということで、結論としては、風俗とはなんだかよくわからない怪しげなものをいうようです。

女性用風俗に話を戻すと、日本で最初の女性向けの風俗店は1960年代頃に東京八重洲に誕生した社交ダンスクラブのようなホストクラブだそうです。そこでは、多数の男性ダンサーがいて、ダンスフロアーで中高年女性向けに飲食の接待を行ったとか。八重洲に風俗があったというのも、少し驚きですね。東京駅周辺はいまよりも少し、猥雑な街だったのかもしれませんね。

八重洲のホストクラブを日本初の女性用風俗とする説をご紹介しましたが、江戸時代には、お金持ちの女性が贔屓の歌舞伎役者と金銭の供与し交際するという「役者買い」というものがありました。役者買いに端を発する事件として「江島生島事件(えじま いくしま じけん)」や「夜嵐(よあらし)おきぬの事件」があります。

日本の女性用風俗の始まり江戸時代の「役者買い」であり、役者買いが男性ダンサー買いに変わったのが八重洲のホストクラブということかもしれません。

男性向けの「風俗」には、接客を主体とするキャバクラから性的サービスを提供するソープランドやデリヘルにいたるまで幅広く様々な形態があります。女性用風俗は長い間、男性向け風俗のキャバクラに相当するホストクラブしかなかったようです。ひょっとすると、ホストクラブのなかでサービスが多様化していて、 性的なサービスも提供していたのかもしれません。

女性向けソープランド

女性用風俗には男性向け風俗におけるソープランドのように性的サービスを前面に打ち出した風俗はありませんでした。その女性用風俗の流れを大きく変える可能性があったのが2007年博多にオープンした女性向けソープランドです。男性用ソープランドのまさに女性版。ベット・風呂ありの個室でソープ嬢のかわりにソープ・ボーイが女性に「癒しのサービス」をするという風俗です。

女性向けソープランドの料金は90分3万円。この価格が高いのか安いのかはよくわかりませんが、料金表にあるサービス以外に本番行為を内緒で行っているソープボーイもいたという噂もありました。一万~二万円の別料金だったとか。価格表にあるサービスは、マット洗い、クンニ、指マン、シックスナインやバイブで女性に感じてるサービスを提供するというものだったようです。

ソープボーイは店のサイトを通じてネットで募集されていました。ホストやクラブのボーイといった水商売の若い男性の応募が多かったそうです。応募資格は18才〜30才位までという年齢条件のみ。給与は月収100万以上も可能で、完全全額日払い制。1日体験入店OK!、見学だけでもOKです、という募集条件だったそうですが、一日体験入店で接客をさせていたのでしょうか?お客様のプライバシーや安全面は大丈夫なのか、ちょっと心配になりますね。

ソープランドで働く男性の求人に苦労していたのかもしれません。実際の収入は休日無しで働いて50万円くらいとのことです。高校を卒業したばかりの男性が1年目から月50万円の収入を得ることができるのだから高収入職業であることは言えます。一流大学を卒業して上場企業に就職すれば入社何年目かでその程度の収入を超えるわけですので、ソープボーイに応募する男性の社会的なポジションはあまり高くない層なのかもしれません。

ソープボーイ採用試験には店の50代後半の女性オーナーによる面接と実技の試験があったそうです。実技教育というのは女性オーナーにソープのサービスをやってみる、というものだといいますから、生半可な気持ちでは採用試験を受ける気にはなりませんね。

マスコミでも女性用ソープランドは話題になったようですが、地元博多の女性には敬遠され、8ヶ月で閉店となっています。閉店の理由として上げられているのが、指名が人気ソープボーイに集中したということ。たぶん、求人で苦労したということは、あまり質の良いソープボーイが集まらなかったのでしょう。

博多の地元女性には敬遠されていたので、飛行機で全国から飛行機でやってくるお客様が大半ということは、ソープボーイに対する期待も高い、となると質の低いソープボーイは敬遠されて店の売上げは低迷、お客様は逃げる、といった悪循環になたということかもしれません。男性向けのソープランドであれば、人気ソープ嬢の予約がとれなけれな、二番人気、三番人気もそれなりのレベルであるので、お客様も満足されるのでしょうが、この女性向けソープランドでは、人気ソープボーイでなければ利用する気持ちになれないとなっていたのでしょう。

男性向けの風俗と比べてクレームもたいへん多かったそうです。女性の要求レベルが高いのが問題だったとの反省も店側にあったようですが、これもソープボーイのレベルが低かったということで説明ができそうな気もします。

今後、外国人労働者が日本では増えていくことになりますが、外国人労働者をレベルの高いソープボーイとして教育できるようなシステムを確立することができれば女性用風俗としての女性向けソープランドも復活できるかもしれませね。

女性用風俗の多様化

女性向けの性的サービスビジネスはソープランドでは失敗していますが、インターネット上で出張ホストという新たな女性向け風俗がでてきました。デートサービスとセックスがサービスのメインです。名目上は、女性向け性感マッサージというメニューにすることでセックスを表にはださないように気を遣っているようです。出張ホストは風営法の適用となるため、セックスをサービス内容と表立っていうことができない、という事情もあります。(セックスを金銭で提供すれば、法的に客側もホスト側もかなり面倒なことになります。)

女性向けの性感マッサージ

整体師や鍼灸あんま師が、表の商売とは別に裏で女性向け性感マッサージを提供するという女性用風俗もあります。店舗スタイルと出張マッサージのスタイルがあります。また、国家資格保有者であるというのを売りにしているケースも多く見られます。ただ、鍼灸あん摩マスサージ師や柔道整復師といった資格保有者が風俗ビジネスを行うということが明らかになれば、これもまた法的、社会的にかなりやっかいなことになります。

インターネットにおける出会い系の利用男性が、出張ホストや性感マッサージのサービスを有料で女性に提供する、という素人による女性用風俗というものもあります。ただ、金銭をうけとれば、法律上超えてはいけない一線を越えることになり、それを承知でそういったビジネスを行っている男性を信頼していいのかしら、という不安は常にあります。料金は安いところもあれば、交通費やホテル代の実費を請求するが施術は無料とする場合、高い施術代を請求するところなどほんとうに様々です。安全やプライバシーが心配ではあります。

性的サービスの料金

女性用風俗の相場というのは特にありませんが、安い場合は交通費とホテル代、これに出張費を請求するところもあります。高いところですと、それ以外に施術料を2万円~5万円程度となります。マッサージの時間にある程度比例します。店舗型の場合は、施術代のみで2万円~5万円といった料金です。

注意すべきは、料金が高いから良いサービス、安全なサービスとは限らないという点です。値段とサービスの質は全く関係がないと言ってもよいかもしれません。サービスにおいて極端に秘密性が高いので、その質を利用前に評価するのはほぼ不可能です。また、口コミなどもあまりあてになりません。お客様の側に問題がある場合があって厳しい口コミが書かれる場合もあれば、逆に、やらせで評判が高い場合もあります。口コミをどのような人が書いたかわからなければ、その口コミをどのように評価していいのか判断するのは難しいでしょう。